ノートの書き方が上手かどうかは受験の合否にもかかわるといわれています。ノートは、帰宅後または後日復習するためにとるものです。あとで見直すことを前提に、ノートの取り方を工夫してみましょう。9a92351d9c1caebc992517a7116afd20_sノートは必ず教科別にわけて用意します。忘れ物をして、他の教科のノートに書くようなことがないよう留意しましょう。ノートに書く際には、1テーマ1ページでまとめます。その際、日付やタイトル、問題番号などを書き記しておくと見直しがしやすいノートになります。復習する際に書き込むことができるようにスペースを広めにとったり、大問ごとに1行あけたりと余白を多めにとりましょう。ノートに書く際は、黒一色ではなく、赤や青のボールペン、黄色のマーカーを使っていきましょう。しかし、色をたくさん使いすぎたり、マーカーを引きすぎたりするとかえって汚くなってしまいます。重要な情報が一目でわかるような、きれいなノートをとっていきましょう。5cf86cdf18c6a061e6a37a8b51b2ff11_s素敵な先生との出会い高級品から実用品まで、筆記具専門店です。

You may also like

教育大改革に向けて作文・小論文・志望理由書の指導を行います
2017年も残り3日となりました
2017年残り5日です